バイナリー

【海外FX】A-bookとB-bookって何?違いとメリットデメリットを解説!

ぷっち
ぷっち
どうもプッチです!
サッチ
サッチ
さっちです!
ぷっち
ぷっち
今回はA-bookとB-bookの違いについて解説していくよ!

A-book,B-bookとは?

A-book、B-bookとは注文の処理方式のことでA-bookはNDD方式、B-bookはDD方式を採用しています。

A-book = NDD方式を採用しているFX業者
B-book = DD方式を採用しているFX業者

この違いは市場に注文を出す前にFX業者の仲介の有無

この二つを理解することは口座開設をする上で非常に大切です。

サッチ
サッチ
仲介があるかどうかで変わってくるんだね!
ぷっち
ぷっち
そうだね!この違いを理解しておくことはFXを始める際にとても重要だよ!じゃあ解説していくね!

A-book(NDD方式)とは

A-book = NDD(No Desk Dealing)方式はFX業者の仲介なしで注文を市場に出すことができます。

トレーダーが直接市場に注文を出せるため、取引時の透明性が高く出金トラブルも生じる可能性も低いです。

A-bookの場合、トレーダーが勝つほど業者も儲かるためWin-Winの健全な関係になります。
しかし、仲介がない分業者の利益が少なくなるため、儲けるためにスプレッドを広げる必要があります。

また、注文した価格と実際に約定した価格に差が生じる“スリッページ”が起こる場合もあり、トレードコストがB-bookよりかかってしまいます。

サッチ
サッチ
コストかかっちゃうのかぁ😂
ぷっち
ぷっち
多少のコストをかけても透明性を重視したいのなら、A-bookを選択するべきだね!

B-book(DD方式)とは

B-book = DD(Desk Dealing)方式はトレーダーと市場の間にFX業者が仲介して注文を出す方式で、国内FX業者は全てB-bookに該当します。

B-bookの場合、スプレッドが狭いためトレードコストが低く利益は出しやすいです。

そのため、トレーダーが勝ちすぎると業者は損するため、約定拒否やスリッページなどの”ノミ行為”を意図的に行う場合もあります。

また、損失が出た際に証拠金以上のマイナス分を追加で支払う”追証”が発生する場合があります。

サッチ
サッチ
コストほとんどかからないのは良いけど、ノミ行為と追証は怖いね…
ぷっち
ぷっち
スプレッドが狭い分やらないと利益が取れないからね…

AbookとBbookを見分ける方法はあるの?

FX業者がA-bookかB-bookかを見分ける方法は実際不可能に近いです。

日本の業者は法律によってB-bookのみとなっており、海外業者の場合は一部公表している会社もありますが、実際のところどうかは不明です。

顧客の成績や口座の状況など様々な情報によって『B-bookからA-bookに変わっている』という場合もあり、見分けることがかなり難しいです。

サッチ
サッチ
えっ!?見分けられないの!?
ぷっち
ぷっち
公表する義務はないからね…歴が長いベテランのトレーダーでもはっきりと見分けることは難しいんだ…

Abook、Bbook一概にどちらが良いとは言えない

A-book、B-bookそれぞれにメリットデメリットがあり、どちらが良いとは言えません。

自分のトレードのスタイルや資金に合わせて選択しましょう。

サッチ
サッチ
んー、A-bookとB-book迷うなぁ
ぷっち
ぷっち
それぞれに良いとこ悪いとこがあるけど透明性重視ならA-book、コスト重視ならB-bookって感じかな!