バイナリー

MT4からの注文方法と種類を解説!

ぷっち
ぷっち
こんにちはプッチです!
サッチ
サッチ
さっちです!
ぷっち
ぷっち
今回はMT4からの注文方法と種類について解説していくよ!

注文の種類

FXには2種類の注文方法があります。

成行注文
指値/逆指値注文

サッチ
サッチ
注文方法は2つだけなんだ!
ぷっち
ぷっち
指値と逆指値には組み合わせて出せる注文方法があるから、それを含めると厳密にはもう数種類あるよ!じゃあ解説していくね!

成行(なりゆき)注文

成行注文は値段を指定せずに注文します。

買い注文を出した場合は最も安く売り注文を出した人と取引が成立し、
逆に売り注文を出した場合は最も高く買い注文を出した人と取引が成立します。

指値注文よりも優先的に注文が成立されるため、取引が成立しやすいです。

逆にスプレッドが大きく開いた時に成行注文を出すと、予想以上に高く買ったり安く売ったりする場合があります。

MT4でも表記はそのまま『成行注文』と表示されます。

サッチ
サッチ
経済指標の時とかは注意しないとってことだね!
ぷっち
ぷっち
そうだね!要人発言やリーマンショックみたいな金融危機の時はスプレッドが大きく広がるから成行注文はしないほうが良いかもね!

指値(さしね)注文 / 逆指値注文

指値注文

指値注文は売買したい価格を指定して注文を出します。

買い注文の場合は現在のレートより低いレートを指定し、売り注文の場合は現在のレートより高いレートを指定します。

MT4上では指値注文は以下のように表示されています。

Buy Limit = 買いの新規指値注文
Sell Limit = 売りの新規指値注文
テイクプロフィット = 利確の指値注文

指値注文を出すことで、チャートに張り付かなくても自動的に取引を約定させることができます。

サッチ
サッチ
これなら普段は仕事をしている人でもトレードできるね!
ぷっち
ぷっち
でも指値だけだと損切りができないから、張り付かない場合は逆指値注文もする必要があるよ!

逆指値注文

逆指値注文は指定したレートより高くなれば買い、安くなれば売りの注文をすることができ、損切りをしたいときに使用されることが多いです。

MT4上では指値注文は以下のように表示されています!

Buy Stop = 買いの逆指値注文
Sell Stop = 売りの逆指値注文
ストップロス = 損切り注文

自分の予想に反した動きをした場合に、逆指値を入れておくことで最小限の損失に抑えることができます。

サッチ
サッチ
逆指値があれば、チャートを見れないときでも安心だね!
ぷっち
ぷっち
そうだね!

指値と逆指値を組み合わせた注文

FXでは指値と逆指値を組み合わせた注文方法が3つあります。

OCO注文

IF DONE注文

IF DONE OCO注文

①OCO注文

OCO注文は指値注文と逆指値注文を同時に出すことができる注文です。

指値注文と逆指値注文を同時に出し、片方の注文が約定されると自動的にもう片方の注文がキャンセルとなるため、既にポジションを取っている場合のみ有効です。

②IF DONE注文

IF DONE注文は新規注文が約定後、利確または損切りの注文が1セットでできる注文方法です。

③IF DONE OCO注文

IFD注文とOCO注文がセットになった注文方法です。IDO注文をすることで、予想と逆の値動きになっても損切りができますし、予想通りになったら注文した価格で利確をすることができます。

OCO,IFD,IFO注文では以下の5つをそれぞれ指定します。

①通貨ペア
②買いor売り
③ロット数
④金額,損切り,利確

①で通貨ペア、②で新規注文方法、③でロット数、④で指値の価格を入力し、

ストップロス(損切り)、テイクプロフィット(利確)のどちらかを入力することでIFD注文、両方入力するとIFO注文を出すことができます!

まとめ

ぷっち
ぷっち
今回は注文の種類とMT4(アプリ)からの注文方法について解説したよ!
サッチ
サッチ
説明だけだと難しそうだけど、やってみると意外とかんたんだね!
ぷっち
ぷっち
IFD注文やIFO注文を使えば、チャートを見れなくてもトレードできて便利だから是非試してみてね!